効く!私の乾燥肌対策方法Best1

MENU

効果抜群!お風呂あがりの乾燥肌対策3つ

お風呂上がりのバセリンパック

 

バセリンパックは友人から教えてもらった乾燥肌ケアが手軽にできて最も効果がある方法です。手順はとても簡単で、お風呂に入ってしっかりと肌を温めて毛穴を開く様にします。そしてお風呂からあがったら、あまりしっかりとバスタオルで全身の水分を拭き取らない様にします。そこへたっぷりのバセリンを塗って終了です。バセリンはあまり薄付けしないで、しっかりとお肌に蓋をする様につけるようにします。ベタベタしてしまうのですが、コットンのパジャマや下着を身につけておけば翌朝にはお肌の潤いが全く違います。バセリンは大きな容器入りでもお値段が安いですしからお財布にも優しいのに効果抜群なので良いです。

 

バセリンパックは、初めて開始してから翌日から保湿効果を実感できます。私の場合は、頬のあたりと、腕、脚、かかとの乾燥がとても酷くてカサカサの皮膚だったのがバセリンパックをやりはじめてからというもの、翌日からしっとりなお肌になり見違える様な潤い感が実感できるようになりました。カサカサの皮膚が柔らかくプルプルするので若返った様な感じになりとても満足しています。この方法だけで特に高額な美容液も全く必要が無いので経済的な乾燥肌対策だと思います。

 

お風呂上り、洗顔後のオイルケア

 

お風呂上りや、洗顔の後に、水滴が顔に残ったまますぐに「ホホバオイル」で保湿します。私の場合は子育て中の忙しさで、化粧水や乳液などと、使い分けるのがとてもおっくうでしたので、化粧水などは使わず、すべてホホバオイルだけのスキンケアにしています。ですので簡単で時間もかからず、手軽に保湿することができます。ただ、オイルスキンケアが合わずにきびができやすくなってしまう人には、マイナスの効果になってしまいますので気をつけてください。

 

私は出産してから、本当にひどい乾燥肌で皮がむけてしまうほどだったのですが、ホホバオイルスキンケアを始めてから、1ヶ月ほどで肌の水分が逃げなくなり、乾燥が緩和されてきました。そして2ヶ月ほど経つころには、完全に乾燥が治り、肌に潤いとツヤが出てくるようになりました。また、化粧のノリもよくなり、ファンデーションの密着具合が格段によくなりました。夏でもべたつかないし、冬の外の乾燥からもしっかり肌を守ってくれるので助かっています。

 

お風呂上りの化粧水とオイル

 

お風呂での洗顔は泡洗顔を意識しています。あまりこすり過ぎずに洗います。お風呂上りは顔にタオルを当てる前にオイルを顔に塗ります。その後、タオルを当てて水気を取って、化粧水をたっぷり使います。私はあまりコットンは使わずに手のひらに出してから肌にプレスします。しっかりプレスした後、オイルを再度塗ります。化粧水にはあまりこだわりがないのですが、保湿力の高い物を使ってます。オイルに関してですが、私はホホバオイルと使ってます。スクワランオイルやグレープシードオイルでも大丈夫だと思います。

 

上記の方法を始める前はお風呂上りにタオルで水分を取り化粧水してオイルを塗る動作を3セットしてましたが、少しすると顔が赤みがかって痛くなっていました。この方法に変えてからは、その日から肌がモチモチしてますし、肌理も整ってきました。オイルが化粧水を肌に誘導する手助けをしてくれるようで、結果的には化粧水とオイルの節約にもなっています。インナードライにも効果があるようで、一日中乾燥せずに過ごせていますのでおススメです。