効く!私の乾燥肌対策方法Best1

MENU

化粧水をたっぷりつかう。浸透→パッティング→さいごに化粧水わまた出して手のひらでつつみこむ

洗顔後、化粧水を500円玉の大きさでだし、手全体を使って顔全体にひろげます。そのまま、手のひらを使って念入りにパッティング。浸透したら、もう一度化粧水を100円玉の大きさでだし、手のひら全体でつつみこむように浸透させます。化粧水はあたたかいほうが浸透しやすいので、二度目は少し手のひらであたためてからがいいです。化粧水だけで3〜5分かかりますが、安い化粧水でもこの使い方をすれば効果が出ます。朝時間がないときは、化粧水をたさず、一度目のパッティングを途中でやめ、少し肌に化粧水がのこっている状態で、手のひらでつつみこむ作業をします。

 

もともとひどい乾燥肌で、ほほが赤くなっありボソボソしたり、痛くなったりかゆくなったりしていました。でも、この手順にかえてから二週間ほどでだんだん痛さやかゆさがなくなり、1ヶ月ほどで肌が潤っている!と感じるようになり、化粧のりがよくなり見た目も綺麗になりました。疲れている日など、正直面倒だなと思う日もありますが、肌をほめられることも増え、自分的にも満足なので1年続いています。高価な基礎化粧品を買わず、コンビニやドラッグストアで買えるものでひと手間くわえるだけで効果が出るので、おすすめです!

 

ただし、時間をかけたり何度も目の下を往復するのはダメです。目の下は非常に皮膚が薄いため、ここだけはできるだけタッチ回数を減らしましょう。目の周りだから入念に!というのは逆効果です。そのケアで乾燥が進んでいるのに気づかず、さらに上乗せで悪化してしまいます。

 

特に急に目の周りが乾燥してきた人は、なにかスキンケアを数ヶ月以内で変えていないでしょうか?だいたいこれくらいの期間で肌がガラッと変わります。早いと1ヶ月もかかりませんが、内容によっては3ヶ月くらい経ってから変化が出てきます。

 

急に目の周りだけ乾燥した場合の特集

 

たっぷりと肌に水分を与えるのは必要ですが、皮膚の厚みによっては摩擦と圧力のダメージのほうが高くなり逆効果になりうることを覚えておきましょう。